2015年02月28日

米国市場は小幅安

2月27日の米国市場

ダウ   18,132.70 -81.72 -0.45%
NASDAQ  4,963.53 -24.36 -0.49%
S&P500  2,104.50 -6.24 -0.30%

シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 

清算値 18865 (+45)
始値   18860
高値   18875
安値   18715

小幅安で終わりましたが依然として強い印象。ナスダックの日足チャートを見ていると不自然に感じるのですが考え過ぎでしょうか。

ちょっとイメージが掴めないというのが率直な感想です。
今週もお疲れさまでした。




posted by 予知夢 | Comment(0) | 【マーケット動向】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

CME225先物が一時18900円台まで上昇

2月26日の米国市場

ダウ   18,214.42 -10.15 -0.06%
NASDAQ  4,987.89 +20.75 +0.42%
S&P500  2,110.74 -3.12 -0.15%

シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 

清算値 18870 (+70)
始値   18625
高値  18920
安値   18585

日本市場の死角は米国市場が大崩れする事ぐらいではないでしょうか。その米国市場は史上最高値という位置にありながら非常に強い動きを見せており崩れる気配は見えずという状況。

ナスダックは5000ポイントも射程に入ってきました。

先日、乖離率がピークに達しつつあると書きました。乖離率の正常化の為には値幅調整か日柄調整しかありませんが現状の動きを見ると日柄調整の線が濃厚ではないかと思われます。

基調は非常に強いという事になります。

一方で、もし米国市場が崩れるとしたら、何らかの出来事が発端となって急落の第一波が襲うという形になるはず。マーケットの心の準備が出来ていないようなネガティブサプライズがいきなり降って湧くという感じでしょうか。

225先物の19000円アタックは来週の後半もしくは週末あたりではないかと考えていましたが昨夜のCME225先物の高値が18920円という事でちょっと驚いています。

先物の売り方でポジションを抱えている人達にとっては最もイヤな流れでしょう。現状の指数の動き方は売り方にとっては茹で蛙状態になりやすい流れですから。




posted by 予知夢 | Comment(0) | 【マーケット動向】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

ダウとS&P500が最高値更新、ナスダックは10連騰

2月24日の米国市場

ダウ   18,209.19 +92.35 +0.51%
NASDAQ  4,968.12 +7.15 +0.14%
S&P500  2,115.48 +5.82 +0.28%

シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 

清算値 18660 (+40)
始値   18480
高値   18700
安値   18435

米国市場の上昇が止まらない。FRBは利上げを急いでいないし、利上げ局面に入ったとしてもペースは緩やかでしょうし途中で一服という可能性も十分ありますから利上げが大きなネガティブ要因になるとも思えない。

かと言って、現状の最高値更新という風景には違和感を感じずにはいられない。ある程度、納得のいく上昇や下落なら流れについて行くのもアリだけど、どうも納得がいかないというのが本音。

しかし、この状況でショートするのは無謀に映るし、現に売り方が踏まされているのは明白な流れでもあります。少なくとも私はショートする勇気はない。今日も見てるだけだろう。

この局面で私が参加するとしたら、遊び金でプットを買う。ゼロになってもいい金額で。狙うなら先物が19000円アタックする場面(18980円とか)があれば4月物狙いで。





posted by 予知夢 | Comment(0) | 【マーケット動向】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

ナスダックが9日続伸! イメージとは真逆だけど・・・

2月23日の米国市場

ダウ   18,116.84 -23.60 -0.13%
NASDAQ  4,960.97 +5.01 +0.10%
S&P500  2,109.66 -0.64 -0.03%

シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 

清算値 18490 (+30)
始値   18495
高値   18520
安値   18405

24日のイベント

16:00 独 四半期GDP(季調済)(確報値)(前期比/前年比)
19:00 ユ 消費者物価指数(前月比/前年比)
19:00 ユ 消費者物価指数(コア)(前年比)
23:00 米 S&P/ケースシラー住宅価格指数(前年比)
00:00 米 CB消費者信頼感指数
00:00 米 新築住宅販売件数

ナスダックの9連騰は2010年9月以来という事になり、この9連騰で5%弱の上昇となっています。乖離率が警戒ラインに入ってきましたので調整が必要になりそうです。

2〜3週間前だったでしょうか、私は米国市場のトレンドは下向きだと書きましたが、結果は真逆になっています。

一方で、日本株市場は年内に24000円になっても驚かないとも書きました。ただ、米国市場の大きな下落が想定される為にその影響は免れない。すなわち、米国市場の大崩れがなければかなりの上昇局面を迎えるだろうが、米国市場大崩れの可能性がかなり高い事が最大のネガティブ要因だと考えているのです。

米国市場の現状は私の予測と反対に動いていますが、まだ大崩れの払拭ができない。

ポジションは持っていないので下落に固執しているわけではなく、上がろうと下がろうと関係ないのですが、どうしても米国市場下向きのベクトルが目にチラついて離れないんですよね。

自身のイメージと異なったチャートが描かれている事は間違いないのですけどね。




posted by 予知夢 | Comment(0) | 【マーケット動向】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

ナスダックが7日続伸し15年ぶりの高値更新

・2月19日の米国市場

ダウ   17,985.77 -44.08 -0.24%
NASDAQ  4,924.70 +18.34 +0.37%
S&P500  2,097.45 -2.23 -0.11%

シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 

清算値 18365 (+105)
始値   18235
高値   18385
安値   18215

・本日のイベント

16:00 独 生産者物価指数(前月比/前年比)
17:30 独 製造業PMI(速報値)
17:30 独 サービス業PMI(速報値)
18:00 ユ 製造業PMI(速報値)
18:00 ユ サービス業PMI(速報値)
18:30 英 小売売上高指数(前月比/前年比)
22:30 加 小売売上高(前月比) / 加・小売売上高(コア)(前月比)

ナスダックが7日続伸していますから今日は調整の可能性が高い。今後はランクアップのステージ上で保ち合いになるのかもしれない。

米国市場は絶好調だが依然として乗る気がしない。




posted by 予知夢 | Comment(0) | 【マーケット動向】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。