2015年06月30日

TPP関連銘柄の一角が強い

TPP関連銘柄はすそ野が広く的が絞りにくい側面がありますが、相場的に面白いと思われるのは以下の銘柄ではないかと考えています。

2266 六甲バター
2286 林兼産業
9941 太洋物産
2901 石垣食品
2905 オーケー食品
6316 丸山製作所

六甲バターは実需という面でも最も期待していますが、如何せん高値圏での推移ですからそれなりの怖さもあります。今日はちょっと乱暴なというか慌てて買っている場面が目立ったという印象。売り方が買戻しを急いだのか、それとも現行水準より高値がかなり上だと見る買い方が急いで買っていたのかは不明ですが。

他の銘柄は短期筋が中心となりそうですから乱高下しやすいですしょうし寿命も長いとは思えません。短期もしくはデイトレと割り切ってという条件がつきそうです。

多分、1か月後には矛先が変わってTPP関連銘柄で動く銘柄はかなり入れ買っているのではないかと思うのですけどね。




posted by 予知夢 | Comment(0) | 【投資論】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

今更ギリシャなんて関係ないでしょ。

ギリシャ問題で大荒れの1日になりましたが、はっきり言って茶番もいいところ。

ギリシャがデフォルトしたって、事ここに至ってはマーケットには関係ないでしょ。もう、今さらっていう感覚しかありません。だってギリシャのデフォルト云々という話はいつから出てます?

もう聞き飽きたし驚くような話ではありません。

多分ね、このネタでトレードチャンスを作ろうとしているメジャーが居るって事ではないでしょうかね。米国の金利問題も然り。

FRBの常套手段ですが、ある理事が利上げを急ぐべきと発言すれば、他の理事が利上げすべきではないと発言し投資家に免疫をつけさせマーケットを安定させようとする。実際に利上げをしてもハードランディングではなくソフトランディングさせようとするいつもの手口です。

ギリシャがデフォルトしたから今からポジションを組み替えなければなんてのんびりした投資家がいるとは思えない。もっとも、今頃になって預金を引き出すために右往左往しているギリシャ国民もいるみたいですけど。日本人の感覚からするとアンビリーバブルと言わざるを得ない。

もう「ギリシャ」ネタは放置して良いのではないでしょうかね。




posted by 予知夢 | Comment(0) | 【マーケット動向】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

さて、井筒屋をどうしようか

井筒屋を木曜日に買ってオーバーナイトし金曜日の寄り後に全て手仕舞いしました。本当は少なくとも92円、流れが良ければ粘って100円前後で売りたかったのですが、期待していた高い寄り付きとはならず、結局、90円と91円で手仕舞いした。

その後、92円買いになったので「しまった。売るのが早過ぎた。」と思いましたが、その後、マイナス圏まで沈みましたので、ほんと、相場というものは分からないものだと改めて思った次第です。

井筒屋がなぜ買われているのかはわかりませんがインバウンド銘柄として注目されているのかもしれませんし往年の仕手株でもありますから明日以降も物色される可能性があります。

板が厚いので取り組みやすい銘柄ではありますが片時も目が離せない銘柄でもありますからどうしたものか。それとこの銘柄の売買は大口でインすることになりますから1円の重みが非常に大きくなる。

83円を割るのか、100円を超えるのかがポイントかなぁ。




posted by 予知夢 | Comment(0) | 【銘柄に関する情報】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

損益はポジション全体で捉える

複数の銘柄を持っていてポジションを軽くする際に含み益が出ている銘柄を売って含み損がある銘柄を残す投資家が少なくないように感じます。

経験則からすると、この様な落とし方は良い落とし方ではないように感じます。結果オーライという事もありますが確率的に捉えると、やはり良い選択ではないというのが個人的な考え方です。

あなたなら、どのようにしてポジションを軽くされるでしょうか?

ケースバイケースがありますから一様にこうすべきだと言うわけにはいきませんが、基本的な考え方としては利益が出ている銘柄と含み損が出ている銘柄という色分けをしてポジションを閉じる優先順位を決めるよりもポジション全体としての損益を捉えて抱き合わせで落としていくのが良い方法ではないかと私は考えています。

上昇トレンドが継続している可能性のある銘柄(判断は難しいけど)は更に上昇すると思われるし、下降トレンドに入ってしまった可能性が高い銘柄は更に含み損が増える可能性があります。

この判断が適格に出来るならば苦労は無いし株式投資で負ける事はあり得ないわけですが、確率論で対処するしかないとも言えます。

インする段階で様々なケースを想定して、どのように降りるべきかを決めて入ると良い選択が出来るのではないでしょうか。

それぞれの投資家によって判断は異なるとは思いますが、こういうケースでどう対処した方が得策なのかをじっくり考える機会を設けるのも悪くないと思います。




posted by 予知夢 | Comment(0) | 【投資論】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

個人投資家が掲示板で26個のIDを使って株価つり上げ図る

ある個人投資家(千葉県在住の50代男性)がヤフーの株式掲示板で26個のIDを使いそれぞれが別人であるかの如く装ってあたかも多くの投資家が注目しているかの如き演出をした上に、高値での買い注文を繰り返して株価操縦をしたとの事。

証券取引等監視委員会はこの男性に4600万円余りの課徴金を科すよう金融庁に勧告しました。

因みにこの男性は掲示板への書き込みや相場操縦によって1600万円の利益を得ていたらしい。

ヤフーの株式掲示板は多くの個人投資家が見ていると思われますが、買い煽りや売り煽りは日常茶飯事ですし記述内容のほとんどがポジショントークである事は誰もが分かっている筈です。

たまに役立つ情報を書いている人もいますが、ほとんどは既にポジションを取っていて新たな買い手や売り手(貸借銘柄の場合)を集める為に煽っているというのが実情です。既に買っている人は売りたくてウズウズしている人であり空売りをしている人は買戻しをしたい人です。

人間の浅ましさで溢れているのが株式関係の掲示板とも言えます。

まだ経験が豊富ではない投資家はそういう事実を知った上で記事を読まれる事をお勧めします。

それにしても1600万円の利益を得てほくほく顔だった筈のこの投資家ですが、ペナルティが個人投資家としては史上最高額の4600万円を食らい、差し引き3000万円の損失になるとは哀れでもあります。

証券取引等監視委員会さんは良い仕事をされましたね。
本当にご苦労様です。





posted by 予知夢 | Comment(0) | 【投資関連ニュース】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。